スタッフ募集
税理士法人 おくざわ会計は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属
経営関連お役立ちリンク

おくざわ会計の仕事内容

会計業務+コンサルティング業務の能力を高められます

税理士受験も応援します

剛彦先生

おくざわ会計に入社したら、どのような仕事をまかせていただけますか?

剛彦先生:会計の仕事が初めてという方には、会計帳簿の入力の作業から手伝っていただきます。それによって、「実際の資料が、簿記の知識を使ってシステムで入力していくと、最終的にどのような形になってくるのか」というのが体験できると思います。

次のステップとしては、先輩についてお客様の所へ行きます。そこで、「実査の現場で先輩方が社長とどんな話をしているのか」「経理担当の方にどんな質問をしているのか」「実査の資料を見て、どうやってつなげているのか」「実査の資料請求の、お願いの仕方はどのようにするのか」というのを見てもらいます。

その後、担当を持っていただきます。もちろん任せっ放しではなく、私や先輩も管理しつつ、報告・連絡・相談しながら、現場を通じてどんどん力をつけていくんですね。 

担当をもって1年目より2年目、2年目より3年目のほうが、実力をつけていけます。先輩所員さんたちもみなさん出来ているので大丈夫です。まったく会計事務所で勤務経験がない方でも、だいたい3年くらい経つと一人前になれます。

では、簿記や税理士の経験ある方が転職された場合のステップは?

剛彦先生:当事務所はTKCのシステムが中心なので、システムを理解していただくのに通常半年から1年くらいかかります。それを理解出来たら、後は上記の流れで仕事をスムーズにして頂けると思います。

通常の会計事務所の経理決算と、TKCシステムとの大きな違いはありますか?

剛彦先生:二つあります。一つは、会計ソフトなので試算表や決算が組めますが、その出来上がった決算の信用力が、TKCシステムは非常に高いことが特徴です。

もう一つは、決算はもちろん組みますが、単なる入力マシーンではなく、数字を経営判断に生かすことをメインとして作られているソフトなんです。入力して仕分けして試算表が出来上がるんですけれど、そこから先の分析ツールが中心のシステムです。

その分析を理解した上で、やさしい言葉で社長に伝えたり、社長から分析に必要な構想をヒアリングしたりする能力を身に付ける必要があります。TKCシステムを使いこなせるまでに、一般的に1年くらいかかります。

潔美先生:一般的に、会計事務所の仕事というと、「毎月資料や伝票をお預かりして、会計事務所が入力して、出来上がった試算表や結果をお客様に報告に行く」

という、記帳代行業務だと思っている方が多いと思います。

当事務所でさせていただいているのは、「TKCのソフトに、会社の方自身で入力してもらう」というスタイルなんですね。その内容が正しいかどうかを見に行くというのが、会計事務所の職員の仕事のひとつです。

毎月お邪魔して、入力した内容と、お通帳や伝票、領収書等を照合して、「この処理は正しいかどうか」月次監査に行くのがひとつの仕事です。それでお客様のところへ伺って、正しければ帳簿を締め切ります。

そして、監査の後、その内容について社長さんや経営幹部の方とお話をするというのが二つ目の仕事ですね。お客様と話すことが苦手で、「ちょっとそういう仕事だとは思わなかった」という方はあまり向いていないかもしれないですね。

「正確に書類を作成する」プラス、経営状況や予算の達成度についてヒアリングして、「次はどうしたいですか」と、コーチング的に毎月一緒に考えていくことが基幹業務ですね。

普通に考えている会計事務所のイメージとは違うと思います。 

潔美先生

会社の発展をお手伝いするために、おくざわ会計では、人とのコミュニケーションがメインになってくるのですね?

潔美先生:そうですね。例えば、「投資をするために銀行からお金を借りなくてはいけない」という時、銀行から、社長さんが試算表について「これはどうしてこうなんですか?」と質問されたとします。その際、毎月お伺いして社長さんとお話していますと、社長さんご自身が銀行に説明できるんです。

単に記帳代行だけをしていると、銀行の方から質問された時、「私は知らないよ。会計事務所に頼んであるから。先生に聞いてくれ」と、銀行から会計事務所に電話がかかってきて説明しなくてはいけなくなります。

自分の会社のことは自分で説明して、銀行からお金を借りてくるということを、社長さんや経営担当者ご自身で出来るようにしていきたいのです。これができる会社は当然、銀行からの信用が上がりますので。

経理や決算を見るだけではなくて、会社をよくするお手伝いを会計の立場からやるということをぜひやりたいという方を求めているということですね。

剛彦先生:会計事務所はサービス業なのですね。サービス業の中でも、教育産業的なところがあると感じています。 

担当者が、社長の持っている能力を引き出します。引き出すときに、会計の考え方や税務の考え方をやさしく、社長さんが理解されるようお教えしていきます。

教えると言うとおこがましいかもしれませんが、社長の能力が開花されるように、人を育てていくという教育産業なんですね。

それが出来るスタッフを育てる事務所として、教育体制もきちんと整っています。